« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月28日 (金)

クーちゃんの作戦!?…

ここ数日、クーちゃんったら…本気で、私の所に戻って来たいみたいで…何もしていない時とか…ジイママ達に近づいて行って…手とか足とかにガブって噛み付いて、ダーッって逃げるを繰り返しているみたいなんです。

ジイのママは、遊んでいる心算…って思っているみたいですが…この噛み付くって言う行動は、じゃれて…遊びの延長で興奮してとかのだったら問題無いんですが…何もしていない時には、噛み付いたりする様な事は、絶対にしないんです。

クーちゃんは、叱られたりして「理不尽だッ!」って、感じると噛み付いて抗議しますが、何もしない時に噛み付く様な…暴力的な仔じゃないからあり得ないんです。

この…クーちゃんの一連の行動…私は、クーちゃんの考えとか理解出来たんですが…ジイのママに本当の理由が、解ったら…ショックを受けるかも…って思って、クーちゃんの行動の本当の意味を話せないで居るんです。

今、ジイのママにとって、一日の中心をクーちゃん中心に生活しているから…。

今現在、クーちゃんの面倒を見ている自分より私の所に帰りたい!って、本気で、クーちゃんが、思っていると知ったら…ジイのママじゃなくってもショックを受けると思う。

ジイのママは、帰りたいって言うのは、理解しているけれど…本気で、帰りたい…クーちゃんの我慢の限界が、来ている…と言う事は、理解していないので…。

ジイなんか…脳天気過ぎて…「クーちゃんもこの家に馴れたんじゃない?」って言うので、ジイのママと一緒に「クーちゃん…私の所に帰りたいって言ってる。」って言ったんですが…信じてもらえず。

一応、ジイのママには、「クーちゃんの言っている意味を理解してほしいから」…やっているとだけは、言っておいたんです。

前回の記事に書いた…ジイの部屋の荒らし様と今回の噛み付き行動は、クーちゃんの作戦と言う事は、私には理解出来たんです。

クーちゃんは、滅茶苦茶、頭の良い仔だから…相手に解ってもらう為には、この位の行動は、当たり前に実行する。

何故って…それは…普通、こんな悪さをしたら…叱られちゃいますよね…普通は…。

で…こんな仔…いらないって言う人も居るかも知れません!

ジイの実家に預ける前にクーちゃんに…「良い仔にしていてねッ!」、「良い仔にしていないとポイされちゃうからねッ!」って、言い含め。

「お母さんが、元気になったら必ず迎えに行くからねっ!」…って言っておいたんです。

この頃、少しだけ私が、ジイの実家に行く回数が、以前より多くなって…「何時、迎えに来てくれるんだろう?もう帰りたいのに…何時まで居れば良いの?」…迎えに来てくれないなら…「ポイする」…って言わせちゃえ…ポイされたら…お母さんの所に帰れるもの…。

この頃のクーちゃんの一連の行動は、1日でも早く、私の所に戻りたい一心から…。

何だか…クーちゃんの行動が、いじらしくって…なるべくジイの実家に行って…遊んであげたりしたいと思っています。

それでは…今日は…この辺で…。

| | コメント (2)

2016年10月23日 (日)

滅茶苦茶苦手なんだ~ッ…

昨日、久しぶりにジイの弟君に用事をお願いして…細かい雑用をして貰った時。

以前から聞いては居たけれど…私が、目の当たりにしたクーちゃんの行動の話題になり…私が、弟君に…アノ話…「本当なんだ~ッ!」…って話になったんです。

実は…話に聞いていたよりも…私が、目撃した行動は、結構深刻…。

クーちゃんを預かってもらっているし、虐められている訳じゃないから…強くも言えず…。

今の私の身体の状態じゃ今すぐ連れて帰る…と言う訳にもいかず…。

今後の事を…ちょっと考える事にしたんです。

実は…以前、記事にも記載したんですが…。

クーちゃんの天敵ことジイのお兄さんとクーちゃんの関係が、聞いていた話よりも深刻で…。

クーちゃん…ジイのお兄さんの事が、滅茶苦茶苦手なんです。

どの位苦手かと言うと…。

家の中で、音がする…ジイのお兄さんだと解るとソファーの後ろや…隣の部屋のジイのママのベットの下に猛ダッシュで、隠れ…様子をうかがって、安全と解るまで、隠れて出てこない!

オヤツを貰えると解ると…出てくるけれど…食べ終わるとスグにベットの下かソファーの後ろにダッシュして、身を隠す…と言った具合。

先日、私が、目の当たりにした光景は、1Fの玄関の所に一緒に居た時。

上から音がして、ジイのお兄さんと解った瞬間…。

慌てて…2Fのリビングを抜けて…ジイのママのベットの下へ身を隠しに行ったんです。

慌てて2Fに行ったのって、遊んでもらう為じゃないの?…って思う人も居るかも知れないけれど…。

ダッシュする前に…身体をビックリしたときの様にビクッ…ってして…その場で、両手両足を揃えたまま飛び上がる…そう…よく見るアニメに出てくる愕いた時の猫の様に…で…その後、スグにダッシュして隠れ場所に行くんです。

その後、5~10分位して、ジイのお兄さんが、トイレに行くと…スグに私の居る1Fの玄関の所まで戻って来て…「帰りたい!」…って言う素振りをするんです。

で…ジイのお兄さんが、トイレから出ると解ると…又、慌てて…避難場所にダッシュする。

この件を目の当たりにする前に…ジイの弟君が、ジイのママ達の部屋のドアを態々開けておいたりした際に何で?って聞いたら…クーちゃんが、逃げやすい様に…って言うので…ある意味納得していたんですが…。

ここまでクーちゃんが、嫌がっているとは…思っても居なかったんです。

その後、ジイのママの居る所で、クーちゃんに「一緒にお家に帰る?」…って言ってみたら…スグに私の前に行き…「お家に帰る!」…って言う素振りを見せ…。

ジイのママが、「エエ~ッ!クーちゃん酷い!」って…言われても…。

それでも「帰る!帰る!」…って言う素振り…。

その後、玄関のドアの前まで、先陣切って帰る気…満々!

一緒に帰れないと解ると…凄~くショックな顔をして…寂しそうに見送ってくれたんです。

この日は、本当に後ろ髪を引かれる思いで…。

早く迎えに行ける様に…リハビリ頑張らないと…と…頑張り強化する事に決めたんですが…決めたスグ後に病院で、動き過ぎと注意され…動き過ぎて、悪化する事もあるから気を付ける様に言われ…頑張り強化は、断念…。

クーちゃんの事…早く連れて帰りたい…けど…もう少しだけ我慢してもらうしかないかもしれない…。

それでは…今日は…この辺で…。

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

寂しいから…爆発しちゃった…

今日は、週に1度のジイとの買い物の日。

ちょっと遠くまで行くので、ジイの運転する車で行くのもあって…ジイの実家まで歩いて行くんですが…。

買い物に出掛ける前に…クーちゃんと少し遊んでから出掛けるのが、毎度の決まり事。

今日、玄関を入って、ジイママと話していると…。

私の声が、聞こえたらしく…慌てて2Fから駆け下りて来た。

私が来るよッ!って、玄関を開ける前にクーちゃんに言ってからクーちゃんを呼んだらしいけれど…クーちゃんは、来なくって…。

私の声が、聞こえたとたんに慌ててやって来るなんて…。

思わず…笑っちゃいました。

クーちゃんが、来て…私の顔を見ると…滅茶苦茶嬉しそうな顔をしている。

ジイのママが、クーちゃん…物凄く嬉しそうな顔をしているって言うんです。

で…クーちゃんの驚くべき悪戯の話を聞き…。

クーちゃんが、物凄く寂しかったんだ…って言われ…私自身…少々、反省しました。

クーちゃんの驚くべき悪戯は…。

ジイの部屋に入り…まるで泥棒にでも入られた様に部屋の中を滅茶苦茶にしたみたいで…。

ジイのママ…最初、泥棒かと思ったらしいんですが…よくよく部屋を見回して、泥棒にしては…可笑しいと思い…よく観察してみると…犯人は、クーちゃんだッ!…って解ったみたい。

実は、今、ジイのパパが、入院していて…クーちゃん、昼間、寂しくって寝てばかりだったんですが…ジイの部屋…私の匂いがするからなのか?

ジイの部屋に私が、居ると思って…普段は、絶対に入らないジイの部屋に入り込み…私が、居ないという事もあって…とうとう爆発しちゃったみたいです。

この頃、私が、椅子に座っていると私の足下に寝そべり…歩くのを阻止しようとしたり…帰ろうとすると滅茶苦茶スリスリしたり…玄関のドアの所で、通せんぼしたり…。

物凄く…寂しい…私と一緒にお家に帰りたい…って言う素振りが…凄くって…。

何だか…近い内に問題を起こしそうだと思っていたので…今日、クーちゃんの大好きな玩具とオヤツを持参で、行ったら…。

「爆発」…やっぱりね…って…。

元々、一匹が、ダメな仔だし…私かチャーくんの言う事しか聞かない仔だし…。

普段、皆と仲良くするのが大好きで…誰かが居てくれれば、多少の我慢は、出来るけれど…やっぱり…私が、側に居ないとダメなのかも…。

猫は、家に付くって言うけれど…私が、今まで飼った仔は、私に付くみたいで…私が、居れば…病院へ連れて行っても何処に連れて行っても…良い仔で、居てくれる。

早く…クーちゃんと一緒に暮らせる様に…って、今、頑張ってリハビリしているけれど…。

過保護なジイが、今の状態だと絶対に反対すると思うし…。

アッ!それを解って…クーちゃん…爆発しちゃったのかも…。

だって…ジイの部屋以外は、被害に遭っていないもの…。

もし…そうなら…クーちゃん…賢い…賢過ぎ…。(笑)

それでは…今日は…この辺で…。

| | コメント (2)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »